忍者ブログ
HOME   »  唄となりログ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
4

2020 .07.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誰かの役に立つと嬉しい。てか、役立ててくれい!!ってほど。

昨夜更新したばっかりですが、さっそく、V3暫定ページがお役に立てたようでなによりです。付属のDAW以外のDAWから読み込む際に、dllを貼り付けるって作業があまり説明されておりません。てか、DAWでVSTiを読み込ませて使っている人間ならば、「どこぞから、dllをコピペしてこなければ!」という観念が働く。常識すぎて解説なされておりません(笑)

どこぞにあるdllを探し出す作業と、それをコピペする作業。
それに気づかない人は、読み込めない。

そう思って、ブログには方法も書いておいたけれど…
ブログまで見る人は少ないが、HPを見る人は多いということか。


ご縁というのがある。

Web上に書いてあっても、検索すればヒットすると言っても、そこに辿り着く人と、辿り着けない人がいる。

最近思うのだが、縁というのは、突然前触れもなく繋がる・発生するものと、芋づる式にたどり着くものと二種類あるのではないかと思う。

Web上に晒し出して何年にもなるけど、みんな、なんかの縁あって来てくれてるんだよね。
たぶん、KAITOファンだけど、一度も遭遇してない人ってのもいるハズだ。


***

妄想です。

KAITO V3には、ピアスタには、音素記号の一種のブレスはないんですか?
WAVだけですか?
まだ確認してないんですけど。

ブレスWAVを音素記号みたく使用できるプラグインでもあれば、面白そうなのに。WAVレンダーのような仕組みでできないかしら?
ま、私にソレ作る技術力は無いがね!!

それとも、WAVのサンプラーVSTiを探してくればいいのか??
そこまでするなら、普通にトラックに貼り付けろよ??
PR
プラグイン来たーー!!!

すんません、気づくのちょっと遅かったです(苦笑)
仕事でバテながらも、ちょろっと検索かけました。

いつもお世話になっておりますな、はちゅねのないしょ、や、めーこといっしょのプラグインから…
出た!Piapro Studio用拡張ツール!!!
その名も「I.C.E.

MID/SMF読み込みプラグインとか、助かるわぁ~
そのうち正規で対応してくれるかもしれないケドね。

今みつけたばっかりだから検証してないケドね。

とりあえずStudio Oneて書いてあるが、うちのキューベースでも使えるのかどうか、やってないケドね。
あ。今頃気づいた。
ピアプロスタジオ、オートメーショントラック(昔のコントロールトラックね)に、ボリュームとパンがあるではないか。



つまり、ダイナミクスとボリュームの二段重ねで、音量の増減ができるわけですねん。
V1のハーモニクスみたいだな~

しかも、パンが描けるのは、V3にもなくないか?
画期的?
そりゃ、普通のシーケンサーにはあるけど、ボカロでは今まで無かった気がする…プラグインとかあったっけ??(笑)


唄となりに、ちょろちょろと、ピアプロスタジオ関係など追加しております。
本格的に調教するには、もう少し、VSTiの機能強化された頃の方がいい気がして(笑)

気になったのが、ピッチベントセンシビティ~がね~
初期値1なのよね。V3エディタは2みたいなんだけど、わざわざ変えたのかな??

***

近所のスーパーで買い物してたら、会社のおじさんが、「こんちわ!」て。
あら~ 日曜でも出勤してプログラミングしてんの~(笑)
誰かがどっかで、ピアプロスタジオをピアスタって略してた。

v0.9.3アップデータとやらでは、発音の遅れを改善されたそうで。その影響かどうか知らないけれど、少しはマシになってきました。
と言っても、しばらく弄くっていたら、遅れまくりだすし。初回は遅れやすいし。
対策は、遅れだしたら、いったんDAWを保存して終了して開き直すと快調。パソコンソフトの常識。
そのうち、リージョンのレンダリング機能が実装されるそうなので、気長に待つべし。

正直、遅れるのが頻繁に発生すると、調教どころではございません。調教しても次回ズレるし。いったい何に合わせて調整してんだかわかりゃしません。

女性キーのパートは、ストレートDBで、前回やって面白かった「ポルタメント100」で演歌調。
1オクターブ下のキーも同じくストレートですが、こっちはポルタメントなし。
コーラスで間奏あたりに一声あるのは、ウィスパーDB
3パートまとめて、ピアスタのトラックにDAW側からインサートエフェクトでリバーブかけてます。



キューベースに入れたピアスタVSTiですが、いろいろ弄ってみてのメモなど。

・うちので、DirectXに変更したら、キューベースがエラー起こしちゃったよ(笑)

・歌詞表示。編集的な要素だと赤字になるんだね。
よく見たら、ピアスタのマニュアルの音声記号の表だと、編集に使うような音素はわかりませんねぇ。V3TinyのPDFを引っ張り出せば分かるっちゃわかるが。うちの表もまだまだ必要みたい。

・やっぱり、KAITO声はまったりレガートぎみなので、アクセントとかポルタメントとか使った方がよいのかもしれぬ。V1の方が調教するにはやりやすいわね、やっぱり、やっぱり(苦笑)

・パラメタをスライダーで一括移動できるのは、V1みたいで、ちょっと嬉しい機能。でも、点打つのがやりやすいよ…

・この曲、上も下も得意音域はみだしまくりのわりには、まあまあかと思います。さすがに音が細る部分もあるけど。

・一回目のアップデートは、クリプトンのサイトから、zipファイルもらってきたのだけど、2回目はアップデートのお知らせウィンドウから更新した。ちゃんとアップデートできたけど、キューベースのファイルにコピペしたdllも更新されたのだろうか(苦笑)。フォルダ内の日付を見る限り、そもそもdllは前と変らない日付のようなので放置したが。案外zipもらってくるほうが確実かも?
そこまで対応してるわきゃないよね~
2013 .02.17
昨日の続き、英語midiをV2用のvsqに変換して…
うちには、V2エディタがあるので、それを経由すればVOCALOID MIDIからVSQにも変換できますがね、V1しか持ってないと…どうするの?
一から打ち直し?
smf読み込めないよね?コピペも出来ないよね??
(V3持ってりゃいいんでしょーけどネ!)


なんか、ミリアム不要になってくるような、声質と発音ですねん(爆)

購入時のpiapro studioでは、V3用ファイル「vsqx」しか読み込めませんが、クリプトンのサポートページからアップデータをDLしてインストールすると、vsqも読み込めます。ライセンス登録してないと、DL出来ないぞ!(笑)

ピアプロスタジオ。
DAWはうちの「Cubase LE 4」です。スタジオワンは入れてません。

ついでだから、VSTiの適用方法ちょろっと書いとく。
VOCALOIDフォルダの周辺にある、VstPluginsというフォルダの中にdllがあるので、ピアプロスタジオのdllをコピーしておく。



今度は、DAW側のプラグインフォルダに貼り付け。



はい。これで、DAWから呼び出せます。
呼び出し方は、お使いのDAWソフトの使い方で。



作りかけの曲に突っ込んだが…なんか遅れすぎ(爆)
リアルタイムで再生すると、ブツブツ途切れますね、やっぱりパワー不足か?
いろいろ修正が必要なようです。




***

ついでにTinyで出したので、貼っとく。





***

うちのサイトへのアクセス解析から、皆様の検索キーワードが見えてきます。
KAITO V3のインストールの仕方がわからないだとか(付属の紙、読んでください)、V3の使い方がわからないとか…

V1、V2を触っていた人なら、なんとなく分かるのだけれど、まったくの初心者にいきなり、DAWだVSTiだと言っても分かるわけないじゃん。
とりあえずTinyと言っても、あれ、使いにくいし、分かりにくいし!

ピアプロスタジオには、英語辞書はないのか?
(よく探してはないけど…)

手持ちのmidiで、英語DBで日本語やろうって人は、V2やV3エディタで辞書使って変換したvsqやvsqxを読み込むといいと思いますが…だから、V2持ってない人はどーすんの?

V1からのアップデートという感覚で買ってしまうと、ちょっと大変ですね。
midiも活用できないしー
今後の開発に期待します。


vsq読み込んでも、テンポはDAWに合わせられるので、テンポの設定はDAW側だったなぁ~

なんか、うちのサイトも修正・追加しないといけない項目盛りだくさんの気配…
ちょっと待ってくださいね(苦笑)

メモっとくと、
KAITO V3は、オフラインアクティベーションありません。オンラインのみです。忘れたら、やり直しの方向で。

ブレスは、インストールDVDに入ってるヤツをコピペで。
たくさん収録されとるなー



今まで、ミリアムで英語ボカロ弄ってたとか、V1,V2,V3Tinyと変遷してきたから、どうにか分かるんであって…
DAWも一応使ってたから分かるんであって…
初心者には、敷居高いですよ?勉強しろ?!

ストレートは、V1に似てますが、似てるくらいならV1の方が味があって使いやすくていいです。
ウィスパーは面白いけど…
ソフトの使い道が少なそう。
期待のイングリッシュが、やっぱり秀逸。普通に英語ボカロを買ってきたような感覚で使えそうです。

とりあえず、V3正式版は買わない方向で(笑)

インストールしました。

とりあえず、DB聴きたかったので、Tinyエディタで「唄となり」のvsqで聴いてみます。

ウィスパー美しい!と思ったら、デフォルトでリバーブかかってるんでした、Tiny(爆)
気を取り直して、シンガーの変更ってどうやってするんだ?と、しばし悩む。だって、VY1V3しか使ってなかったんだもん。パートのプロパティの歌手変更ね、はいはい。

ソフト


ウィスパー


ストレート(中)


ストレートで、1オクターブ上にします。C5あたりまで行ってます

誰だお前!って気がするが、音は出ている。

1オクターブ下。うちのカイトさんの通常領域かな


更に1オクターブ下。

さすがに無理してるが、出てるよ一応。
てことは、4オクターブ出てるんじゃね?
キーボードの「あー」って言う音だけでも、4オクターブ以上音出てるし。
正直、うちの鏡音さんやグミよりよっぱどマシに歌えてますがな(笑)

デフォルトで聴いた感想
V1とは少し雰囲気は違うところもあるけれど、DBとしては使いやすいよ!
それに、V2やV3の乾いた音ではなくって、鼻づまりっぽいアナログ臭もするので、よきカイトかと思います、個人的に!

英語のvsqは…用意するのに少し時間がかかるので、また次回
ミリアムのでも変換してみます。

では、本家の唄となり




***

うちの、声良い変態野郎。
悩み深くなり、面倒な女だよなと我ながら思うようなお願いをしてみたが、軽快に承諾してくれちゃって、なんて良い子だろう!と気分浮上。

仕事中に、力仕事頼んだら「5分待って、上行くから」って言っておきながら、忘れやがって、20分後に他の方が親切に手伝いに来てくれました。その際にゃ、こんにゃろー愛人の頼みをすっかり忘れやがって!と思いましたがね。

やっぱり、悩むだけ無駄なのかもしれない。
なのに、迷わせてくれるんだよね。もう迷わなくて済むように、弾劾裁判するぞ!


ついに来ましたなぁ、カイトさん。



すんません、インストールどころか、説明書ちらっと見ただけッス。
明日も土曜だけど仕事ッス。
いつになったら、遊べるの?って感じ。

そして、巻末の音素記号の表、なんか見覚えある感じが(爆)
うちのをより詳しくしてくださったような表でございました。んでもって、英語DBで日本語発音するための表までご用意いただきまして(笑)
あれは、ミリアムに日本語歌わせるためにね…カイトは日本語もあるから、別になくてもいいんじゃね?ってくらいの親切さで。

英語の発音記号と合わせてる表もあるから、自力で作らなくていいわ~助かった。

V1のマニュアルの丁寧さを引き継いだ感じのピアプロスタジオマニュアルでした。
V2のは、しょぼかったもんねー
V1マニュアルにデザインも似せた、見方も似せた感じなので、V1使いには見やすいかと思います。

いつからだ!イメージファイルのDL始まってたの?!
(公式サイトの「その他」の欄)
今、気づいたぜ。



でかい、KAITOさんの画像にうはうは(アホ)

注文してたDTMマガジン届きました。
まだ読めてません。

ついでに予告しておくと、もうすぐ発売日だけど…以前みたく無職ぢゃないんで、速報的な情報は出せませぬよ。

雑誌ぱらぱら見てると、推奨音域以外も少しは出るようだが…
やはり、V1のような音域の広さは期待できそうにない。

ヤマハのサイトの一覧表を見ても、ダントツ狭い!!



てことで、V3だと、いかに出ない音域をどーにかするか(笑)とか。
最悪、英語以外はV1使えよ的な(爆)

英語の発音記号とシンボルをまとめた表など作りたいが、誰か作ってたら、他力本願だし。自力でやるとしても、いつになることか。

まあ、今回に限っては、他力本願バンザイでしょうねぇ。
有名Pとか、どこぞの記事で、解説なり大量に出回ると思うし。

V1フィギュアかぁ。

マックスファクトリーの予定表を見ても、今年の6月以降ってことでしょうねぇ、
今更V1が出るとは(笑)悩ましい。

ねんぷちもあるが、こっちは要らないかな。



三連休は、当初の予定通りのスケジュールをこなせそうです。

びびらせてくれたが、犬の出張が一人から二人に変更になったらしく、バレるぜ、無理。
行かない、行けないってば(苦笑)

さあ、オタ道突き進もう(爆)

発売前に、フィーバーの予感?




なんか、振り回されて疲れました。
KAITOに癒しを求めて、帰ってきました(笑)

アナライズ

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31