忍者ブログ
HOME   »     »  VSTi 唄となりログ  »  VSTi
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2020 .06.05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013 .02.17
昨日の続き、英語midiをV2用のvsqに変換して…
うちには、V2エディタがあるので、それを経由すればVOCALOID MIDIからVSQにも変換できますがね、V1しか持ってないと…どうするの?
一から打ち直し?
smf読み込めないよね?コピペも出来ないよね??
(V3持ってりゃいいんでしょーけどネ!)


なんか、ミリアム不要になってくるような、声質と発音ですねん(爆)

購入時のpiapro studioでは、V3用ファイル「vsqx」しか読み込めませんが、クリプトンのサポートページからアップデータをDLしてインストールすると、vsqも読み込めます。ライセンス登録してないと、DL出来ないぞ!(笑)

ピアプロスタジオ。
DAWはうちの「Cubase LE 4」です。スタジオワンは入れてません。

ついでだから、VSTiの適用方法ちょろっと書いとく。
VOCALOIDフォルダの周辺にある、VstPluginsというフォルダの中にdllがあるので、ピアプロスタジオのdllをコピーしておく。



今度は、DAW側のプラグインフォルダに貼り付け。



はい。これで、DAWから呼び出せます。
呼び出し方は、お使いのDAWソフトの使い方で。



作りかけの曲に突っ込んだが…なんか遅れすぎ(爆)
リアルタイムで再生すると、ブツブツ途切れますね、やっぱりパワー不足か?
いろいろ修正が必要なようです。




***

ついでにTinyで出したので、貼っとく。





***

うちのサイトへのアクセス解析から、皆様の検索キーワードが見えてきます。
KAITO V3のインストールの仕方がわからないだとか(付属の紙、読んでください)、V3の使い方がわからないとか…

V1、V2を触っていた人なら、なんとなく分かるのだけれど、まったくの初心者にいきなり、DAWだVSTiだと言っても分かるわけないじゃん。
とりあえずTinyと言っても、あれ、使いにくいし、分かりにくいし!

ピアプロスタジオには、英語辞書はないのか?
(よく探してはないけど…)

手持ちのmidiで、英語DBで日本語やろうって人は、V2やV3エディタで辞書使って変換したvsqやvsqxを読み込むといいと思いますが…だから、V2持ってない人はどーすんの?

V1からのアップデートという感覚で買ってしまうと、ちょっと大変ですね。
midiも活用できないしー
今後の開発に期待します。


vsq読み込んでも、テンポはDAWに合わせられるので、テンポの設定はDAW側だったなぁ~

なんか、うちのサイトも修正・追加しないといけない項目盛りだくさんの気配…
ちょっと待ってくださいね(苦笑)

メモっとくと、
KAITO V3は、オフラインアクティベーションありません。オンラインのみです。忘れたら、やり直しの方向で。

ブレスは、インストールDVDに入ってるヤツをコピペで。
たくさん収録されとるなー



今まで、ミリアムで英語ボカロ弄ってたとか、V1,V2,V3Tinyと変遷してきたから、どうにか分かるんであって…
DAWも一応使ってたから分かるんであって…
初心者には、敷居高いですよ?勉強しろ?!

ストレートは、V1に似てますが、似てるくらいならV1の方が味があって使いやすくていいです。
ウィスパーは面白いけど…
ソフトの使い道が少なそう。
期待のイングリッシュが、やっぱり秀逸。普通に英語ボカロを買ってきたような感覚で使えそうです。

とりあえず、V3正式版は買わない方向で(笑)

PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
アナライズ

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30