忍者ブログ
HOME   »  航海日誌ログ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
6

2020 .06.05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「逃げるは恥だが役に立つ」の第5話レポ。




なんだか、みくりに対して、雇い主の愛想が悪いようです。
(いつも無表情ぎみだけれど・笑)

その理由が可愛すぎて!!!!
動揺しすぎで。これはぜひ単行本で(笑)
あたしゃ、ひらまさファンになったよ。

前回までの、会社の同僚さんたちがお泊りに来た余波が、まだまだ残っております。
ひらまさ氏は、みくりの残り香に翻弄され(笑)
みくりは、くまえもん印の炊飯器を購入し…道中で遭遇した風見氏と会話が弾む。

***

グローバル化と、機械化…そんなお話を聞いて、ちょっと思う。
なんの因果か、機械化を促進するような「機械」を作ってる会社(町工場?笑)なのですけれど、そこでやってることの「手作業・手仕事・職人」っぷりを身をもって感じられるお仕事やってて。手仕事で作ったマシンを海外にも納めていたりして。

職が無いといいながら、ほんとは人の手を必要とする"仕事"は無尽蔵に埋蔵されている時代だと思うんです。人の手も必要だし、人間の頭でしか考え出せない知恵とかね。震災後に特に必要とされてる分野だとも思いますし。
ただ、それは「大企業が求人として雇う」という形態ではないために、見過ごされているだけだと。「企業が雇う」など、数百年前にはない。そろそろ、この形態も崩壊しているのだから、次のステージに行けばいいと思う。サラリーだけが仕事ではない。

ま、私が言うほどではないですね(笑)
ちゃんと、その片鱗も作中に出てきてるようですし。

楽しみだ。


次回は、Kissリニューアル後2冊目になる6月号(4/25発売)に連載らしいですね。
気になるから、第一号も買わねば(苦笑)ジョブズと、石井ゆかりと来たら…
月刊化、助かりますぅ。連載のある号しか買わないでいたら、話がとぶとぶ…

PR
「逃げるは恥だが役に立つ」の第4話レポ。





さてさて、第4話。
風見くんの結婚観や人生観のようなものがテーマかしら。

クールなようで、実は深く考えてるような好青年の話の横で、ビジネスライクな夫婦がにこやかに新婚生活を語っている姿がなんとも、逆転していて面白い。

両者のセリフの端々から、鋭い指摘が飛び交います。

詳しい内容は、単行本の、お楽しみ!(なんちゃって)

それにしても、みくりちゃん。若いのに、どっしりしすぎだねー
結婚後の安定感、半端ないです。

***

Kissのアンケートはネット経由で提出してますけど、そーいえば、感想一度も書いてなかったなぁと反省。今度から提出させていただきます(苦笑)

ブログのお客様はご存知だと思いますが、特殊状態で、変わり者と恋仲になってしまったせいで、悩みまくり。そんなときに、この連載からのアドバイス的な恩恵も受けてます。
あまりにリアルに響きすぎて、おいそれと感想書く気分にもなれず…だったりしたんだけど(笑)

たぶん、特殊じゃなくても、響く人は多いと思うよ?

とんでもない状況にも、現実的な解決策を。
感情的になって喚き散らすのではなく、クールに、ビジネスライクに、案件処理。ってのもいいなぁと思う。

「逃げるは恥だが役に立つ」の第3話レポ。



一般的なシチュエーションも、ビジネスだ任務だミッションだという視線から見ると、不思議な感じに見えます。
今回は実家でお正月の巻と、同僚が家に来る(&泊まる)のお話。
そうか、お布団がテーマか(笑)



今回は、どっちかというと、みくりちゃんではなく、雇い主目線のお話。
津崎さんは、けっこうアタフタしていて、可愛い性格してますねー

そして、お互い、ちょっと意識し始めた?って兆し??

男性脇役キャラも個性的です。
前回のクールビューティー(笑)風見くんは、マイペースに混じって来てるし。坊主頭のゲイ、というか女子?な沼田さんなど。


今回の名言。
「1人でなんでもできるけど
でも、安心って、実は、人が与えてくれるものなんだって思ったんですよ」by津崎
「逃げるは恥だが役に立つ」の第2話レポ。



2話目。

もう結婚してました、この人ら(笑)
親族の親睦会からスタートします。みくりの兄登場。百合ちゃんの天敵のようです(笑)

おうちに帰ってからも、新婚旅行を社員旅行と位置づけてミーティングしていたりと、面白い会話を繰り広げておりますね~
なんだか、ほっこりする素敵な新婚さんじゃないですか!ラブはないがな!

1話目のカラーに登場していた男性も登場します。津崎の同僚、イケメンの風見くん。なかなか癖のある結婚観をお持ちの人のようですね。回転銀河の双子を思い出す性格だ(笑)

どうやら、逃げ恥は、TV小ネタが満載のシリーズのようです。みくりのTV妄想。
今回は街頭インタビュー形式と、サザエさんの予告風など。
「モーニング」に掲載された読みきり。

もちろん、買ってきましたので、レポです。
ネタバレですので、ご注意ください。

 



なにやら、逃げ場のなくなった様子の主人公"高橋"
その理由は…

物語の大半は中学生時代の回想。

クールで苛めっ子な高橋は、天然な転校生"田中"と出会う。
空気を読めず、人に嫌がられている田中を、男子数名で苛めだしたのだけれど、天然すぎて苛める側も空回り(苦笑)

エスカレートした苛め。
それでも、あまりダメージのなさそうな田中。近所のおっちゃん"タカちゃん"のアドバイスに沿って苛めの記録を集めようとする。タカちゃん曰く、記録があれば、後々だれかからお金をひっぱれる…と教えていたらしい。


大人になった高橋は、タカちゃんに悩まされているのではなく。
自分の息子が、苛めをして相手を自殺させ、苛めた側の実名がネットに流出しはじめ…家族が追い詰められつつあったこと。

間違っても、「高橋、かわいそう~」なんて思えない(苦笑)

「過去は未来に復讐する」という小ネタも出てくるが、まさにソレ。
昔のドラマ「ケイゾク」のセリフだったか、サブタイトルだったか…
フルネーム「逃げるは恥だが役に立つ」の第1話レポ。

待ってました!つなみサマの生活もの!恋愛もの!

今回もレポしていこうと思います。
月1連載ということなので、レポも月1(発売日翌日あたりを目安に書きます)
かなりネタバレで行っちゃうと思いますので、単行本でワクワクしたい方は、ご遠慮くださいませ。

また、売り上げUP、末永く連載が続きますようにと切に願っておりますので(笑)Kissご購入の方はアンケートもお忘れなく~
以下に写真もいくつか挙げさせていただきますが、単行本ご購入時の参考にと思っておりますので、お許しを。



いきなり、「徹子の部屋」で始まります。
どうやら主人公の脳内に徹子の部屋があるようで(笑)
VTR向けに語っているような演出のようです。第三者に向けた語り口は、脳内徹子の部屋の一環なのか、はたまた…
あとから繋がってくるのかな?
推理小説的な手法でもあるような気がしますが、これいかに。



主人公の、みくりちゃん(25)
みくりの伯母、百合ちゃん(52)
みくりの雇い主、津崎(36)



なかなか仕事のみつからないみくりは、父親のコネで、とある独身男性宅の家事代行をすることになる。
気難しい津崎は、なかなか良い人材に当たらなかったが、みくりとは相性がよく、家事を頼んでいたけれど…
みくりの家の引越しで終了しなければいけなくなり、二人の考えは…

住み込み家政婦(家賃が浮く)→契約結婚(控除とかあるし)→事実婚(戸籍は別よ)と行き着き、住民票に記入したところで、第二話に続く!

二人揃って腹黒いぞ!(笑)
この二人のラブなんですかね、楽しみですね~

そして、百合ちゃんがよいポジションしてます。
伯母でありながら、お友達感覚。仕事や結婚に関するアドバイスやら、同じような悩みを抱える同胞としての意見などなど。


そして、見落としてはいけない(爆)
みくりの実家のマグカップ!!「うどん王国」
くまえもんの海山食品のマグカップと思われます。
はい。次号から連載ってことは、予告が出てるハズ!とKiss買ってきました。
予告、カラーじゃないけど。



ヒロインちゃんは、髪短いみたいですねー

私も短くしようと思って。
同時に、ショート&ボブのヘアカタログも買ってきた。

控えめに切ってから半年経ってしまったので(爆)いいかげん伸びてきた。そろそろ切りたいと思ってるところに、犬の激しいリクエストにウンザリし(笑)お前の思い通りになんかしてやるもんかー!抵抗。要望多すぎるんだよ、別人になれってのか、このやろう。

天邪鬼なので、リクエストに抵抗する形で髪切ってやる。失恋したのよーって。


野暮用で更新が追いついてないので、ブログにメモだけ残しとく。

つなみサマの、盛絵
一枚目二枚目

大河ドラマ『平清盛』のフェアの記事

***

ついでに、ソラちゃんのもメモ。
デモ曲「Find your way


***

仕事してて思うのだが、要領よくやればいいのだ。
けれど、要領の悪い人ってのがいる。性格なのか、運なのか知らないけれど。

分からないことは聞けばいい。人に尋ねるのは恥ではない。
むしろ、コミュニケーションとれていい。

新入社員さんが、あまり質問をしない人なのだ。自分で解決しようとがんばってるんだろうけど、聞いたり報告しないと、どうにも解決しない問題もあるのになぁ、と。

人に尋ねる際には、近くにいる人、目が合った人、その分野に詳しそうな人、以前類似した内容の話をした人など総合的に判断する。ついでに、誰か一人にばかり聞かずに、数名に振る。分割しちゃう。

まあ、最初はそれさえも難しいのかもしれないが、何が分からないのかがそもそも分からん的な(笑)

同じ内容の質問だとしても、いろんな人に聞いてみる。
そしたら、各自のやり方や解釈もわかってくるので、最良を選びやすい。

これって、ネットで調べ物する際と同じだよなぁ。
公平で正しい情報を探すってのは。


久々に見たら、2chのつなみログが落ち着いていて、よかったと思った。


届きましたよ、辺境ラジオの本。

この連休中に、ゆっくり読もうと思います。が、先に、つなみ関連のレポのみ。




こちらは、ちょこっと触れられてる”あとがき”より


いろいろ考えさせられる、ヒントの多い、御本のようです。楽しみです。
よし、がっつり読むぞー
うちの基本属性。本とCD。

海野つなみサマも、ちょこっと参加な、「辺境ラジオ」の単行本。
9/12発売と聞いていたが、14日に変更になったらしい。

ちょっと前に調べたら、どこにも登録がなかったけれど。今日調べたら、アマゾンには登録されてた。お値段発覚(笑)
他のネットショップにはまだ未登録のようだ。できればメール便にしたいのだけど…



つなみサマのツイートでも名称出てて、うぉ?!とか思ったが、映画「夢売るふたり」
のキャンペーンソング、石川さゆりの「生まれ変わるよりも」のシングル。2曲ともMIYAさん作詞作曲なので欲しいけれど…

調べてたら、19日にそれらも収録なミニアルバム出るようですねぇ。しかも、ポップ&ロック系のミュージシャンばかりが提供してるアルバムが(笑)
そっちの方がいいかもなぁと思ったり。


***

最近、自分で物や作品作る意欲があまりありません(苦笑)

仕事で物作ってるから、そっちにエネルギーが流出してましてね?

いかがわしい生存報告オンリーになってきたような気がするが。
9月も、のんびり延命しましょう。
アナライズ

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30