忍者ブログ
HOME   »  航海日誌ログ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
5

2020 .06.05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




前回の続き(当たり前)

恋人にと言われてしまったが、みくりの考える恋人の定義について質問してみるヒラマサ氏。
エッチな方を想像してしまうような回答ながら、「ハグ」や「頭なでなで」と回答。
快く承諾とはいかず(笑)その場は流されてしまうも…
プロの心は、そんな部下の提案について考える(というか惑わされる・笑)

疲れた仕事帰りに、「こういう気持ちか、ハグして欲しいって」と気づきつつも、「いやいやいや」と否定(笑)
なんて可愛らしいご夫婦なのか!

みくりちゃんは小賢しさに磨きをかけると開き直り。
小賢しいを個性とする妻と、独身のプロを宣言する夫。めちゃめちゃで、面白いね~。


***


逃げ恥連載はじまる前から、結婚とはなんぞや??と考え続けてきた三十路独身なわたしく。
まだまだ答えは出ませんが、たくさんの実例を見聞きしてきて、人それぞれだなって思う次第で。形もそれぞれ、幸せか不幸かも人それぞれ。

いろんな形があると思う。奇抜な形を選択しているご夫婦ほど、面白いし幸せそうである。
逃げ恥には「職業としての結婚はアリか?」という見出しが多いが。私から見たら、「職業として」というより、「そもそもの結婚の定義があやふやなので、結婚の定義の中には、こういうのも含まれる」って思う、私から見れば立派な恋愛結婚である。

昔ならば、女一人では食いっぱぐれるから、食うために(生きるために)結婚するって普通だと思うんだけど、それを現在にやってるだけだとも見える。現在でも日本以外では、わりかしあると思う。むしろ、結婚の原点を再確認するような形とも思える。

ぶっちゃけ、結婚しなくっても子供は生まれる(爆)
ではなぜ、結婚するのかって問題。子育て抜きで考えても。
小賢しいみくりちゃんでなくても、けっきょくは利便性のためではないだろうか。

では、ラブラブは不要なのか?と言えば、ラブラブに越したことはない。
好きだからがんばれるだろうし、嫌いだと利便性どころではない。
嫌いな人間関係で仕事ががんばれるか、否!

むしろ、今現在の流行の結婚って、原点を見失ってるな~と思って婚活はしていない。
この路線に乗ってしまうと、私の望む形とは違う終着駅に着きそうだから。
逃げ恥は、よい駅に着きそうだ。
PR
モーニング50号(2013.11.14発売)に掲載された読みきり短編。
『さよなら世界』



(ねたばれレポです。ご注意)
舞台は、とある墓所。
月命日毎にお墓参りをする、亡くなった恋人をひきずりまくりな青年が、ゆっくりと新しい幸せへと進んでいくお話。

新しい彼女が、やたら動物ネタに詳しい変わった女性であったり(笑)、ひきずりまくりでモドカシイ恋を、つっこみ入れつつ応援する成仏できない美咲。そして、傍らにいる愛犬コロ。

美咲が成仏したあとに、コロのお話になる。
なぜ、同じくこの世に留まっていたのか。
そうか、裏テーマは動物か!なんてね。



短い読みきりなので、さらっと進むのですが、道中を想像してみると、てきとうに7年×12回=84と思うと、かなりの独白があったのではないかと思われます。

***

掲載のモーニング入手に本屋で、確認のために中身チェックしたら…墓場場面に「やばい!」と思いましたねぇ。
今の私に、これ来るか?!!
明日で二度目の月命日ですねぇ。墓参り行かないひどい彼女モドキでスマンねぇ(苦笑)
お墓の場所はなんとなく知ってるけど。今月、骨納めにも参加させてもらったから。遠いし、お寺の場所を詳しく把握してない。ご家族と仲良くなったから、そのうち一緒に墓参り連れて行ってもらおーなんて思ってる。

時期的に衝撃が強い。

でも、こんな風に次の恋を応援してもらえたら、心強いだろうな~なんて願望もある。
くそぅ、一ヶ月で死にやがって、短すぎて思い出なさ過ぎて、泣くに泣けねぇぜ(そんな話もあったよね)


今回は、みくりの友人の飲み会の話題から始まります。
合コンに誘われたよ~てな話にも、拒否反応を示す夫について考え始める。
なんせ、独身のプロですからねぇ(笑)

一方、当の独身のプロは、みくりとの関係が気まずくなっていることに対して、風見さんのところに行ってしまえばいいと思いつつも、羨ましがったり。短い新婚生活を思いおこして、楽しかったと終わりのようにまとめに入ってたり(苦笑)

みくりから「話がある」と言われ、ついに終わりかと覚悟で臨めば…


ネタばれですよ、ここ。


『恋人作ろうと思うんです』
『私の恋人になってもらえませんか』byみくり


はぁ~

あそこまで、ひねくれてる。恋愛に関して屈折してるヒラマサが、告られてるぞー(笑)
いいねぇ、攻撃力抜群だねッ

次回も楽しみだな~
素直に「はい」って喜ぶとは想像できず(爆)
逃げ惑う、自爆しまくる、否定しまくるであろう。夢だとか、そもそも理解できないとか(笑)

いや~

この漫画の主人公は、ヒラマサだよ。ヒロインだよ(意味違う)

*

楽しみな次号(11/25)の前に、11/14発売の週刊モーニングにて読み切り掲載。
「さよなら世界」だそうです。こちらも、お忘れなく。


10/11には2巻の発売日ですよ。

よくやらかすので、ここで謝罪。
カテゴリ変更し忘れて、雑記カテゴリに混ざっていることが度々あります、すいません。


はい、ネタばれ。
二件分の家事仕事をするようになったみくりちゃん。初日には失敗もあり、疲れたそうな。
楽しそうな風見くんと正反対に、「シェア」を認めておいて、複雑な気持ちを持て余すヒラマサ氏。家庭内も不穏な風が。

けども、感情的になって飛び出すようなみくり嬢ではない。若いが冷静かつ度胸のある彼女の反撃は…?、次回反撃するんだって?!どんな?!

それにしても、迷走しまくりなヒラマサ!
めんどくさいが、可愛いぞー!!
他人と上手くいってる話は聞きたくない、ホントは自分の方が優勢と言って欲しい、って。いくつになっても男の子ですな~


印象的な虎みくりの、がぁお~!

今回のテーマは、お金の話、子育ての話。
みくりは歯医者の治療費などの相談に百合ちゃんを訪ね、話の流れで「子供は?」って話になり。その頃、ひらまさのところにも実家から電話があり、話の流れで「子供は?」ってな話になり動揺ぎみ。

翌日、風見発言について聞いてみるみくりちゃん。
「シェア」の内容は、契約結婚に興味があるので、まずは家事代行をかけ持ちしてみないかという話で、もちろん、みくり次第という。

はちゃめちゃですが、仕事(お金)を求めるみくりが断るわけもなく(爆)。


詳しくは3巻のお楽しみ

10月には2巻も出るのよね~
今日から9月だしな。


***

なんか、ちょっと疲れてるので、しばらくおとなしくしてるつもり。
ハデなことやらかして、自分で対処しきれてません(アホ)
9話です。なんでも、ここまでが2巻収録だったらしい。
正直、8話で切るよりも「え"---!!!」って感じかもしれない。不完全燃焼だよ。てか、蛇の生殺し!!



気になる
風見津崎対談は…今回は明かされませ~ん(爆)
「みくりシェア」というびっくり発言を残して。

なんで、そーなった?!
シェアって、どういうシェア。内訳は?内容は??
うっわ~気になる。てか、迷走しとる(笑)
早く、続き描いてください、続き教えてください、懇願系。

男子どもの迷走などつゆ知らず、みくりは歯医者問題を抱える。
契約結婚でも事実婚でも保険には入れる。その恩恵を受けつつも、見栄えのよい歯の詰め物は保険適用外。お金に悩む(苦笑)

この、お金に困った状態で、シェアって…
なんか、またまたすごい展開選んじゃいそうな伏線。

***

でも、現実って、案外そんなもんですよね。
「なんで、そーなった?!」て選択をしてしまったり、それが正解だったり。
迷走の果てに「壊れた??」って思うような選択しても、それが正解だったり。

さて、今週は、迷走の果てに自爆しに逝きまーす。
当たって砕けろ。


お仕事も一段落。
家に持ち帰って休み中にパソ作業終わらせたので、新型の後始末も済んだ。
先日より、航海日誌を事実上終了いたしましたので、レポも趣旨変更して、ネタバレと致します。2巻最終分からネタバレて(苦笑)



今月の『逃げるは恥だが役に立つ』は・・・



風見くんに「仮面夫婦?そうだとしたら僕の理想かもしれません」と、にこやかに言われ、動揺した津崎氏は、否定する事さえ忘れ、今度じっくり話をする約束をしてしまったが…

みくりに、風見さんにバレたかもと相談すべきかどうか悩んだ挙句
言葉足らずなところもあり、返ってきた返事は「風見さんのこと「好きですよ」」というもの。

あれだね(笑)
キリンさんが好きです、でも、ゾウさんが一番好きです!的な。

風見さんが好きです、沼田さんも好きです、でも一番好きなのはヒラマサさん!

あら?みくりちゃんは、雇用主(上司)が大好きなようです(笑)
男性として好きなのかどうか謎ですが、優しくて頼れるところが好きらしい。
優しい言葉に、抱きつきたくなるが、上司相手に職場(家庭・笑)の雰囲気が悪くなってはいけないと我慢するが、抱きつきたいらしい(笑)

水面下では両思いぎみな仮面夫婦。
さて、風見氏vs津崎氏の対談は次号!どうなる、どうなる!
20日の更新日てことで。(別にもう、更新日決めてないけど)
病欠中にHP作っちゃったので、航海日誌を、一頁だけの遺跡版てことで作り変えました。

来年25周年てことで、年表のみ残したような形。

***

やっぱり、仕事楽しいわ。
私は基本的に黙々と手作業してるんだけど、いろんな人の笑える行動で、うふふっとか言いつつ、時間が過ぎる。たまに絡む。
しばらく残業一時間で、遅れを取り戻す予定。

「逃げるは恥だが役に立つ」の第7話レポ。




オフィシャルにも画像出てたけど(笑)定例なので一応載せとく扉絵。



ついでに載せとく。
待ってました!な単行本の予告ページも。6/13発売ですよ!

百合ちゃんオススメ物件は条件が合わず、みくり夫婦ではなく、風見くんが借り受けることになった。てなことで、みくり夫婦抜きで、百合ちゃんと風見くんが会するような状況。

みな、それぞれに悩んでたり切なかったり。
こっちも考えさせられる問題定義。

まあ、なんだかんだ言ってないで、単行本も出るし、がっつり読みませう(笑)

今月のくまえもん
・チョコレートの一つが、くまえもん型

***

それにしても、考えさせられるシリーズですねぇ。
「面白い&問題定義」という。

今回も持論展開してみよう、こそっと。
「安いから、すぐ捨てちゃう」「新しいものをどんどん買う」というのは当然間違っている。が、まかり通っている。なぜなら、商売の為に洗脳・宣伝しているから(苦笑)
値段が安かろうが高かろうが、大事に使う・修理して使うということは出来る。要は国民の考え方を変えなければいけないということ。でも、商売の為に逆の宣伝が成される。社会の矛盾点であり、人間の弱さでもある。

はい、そこ。
口だけの偽善者やめて、考えてみたり、一人だけでも実行してみたりしましょう。
「一人が実行したって、変わらないヨ」なんて言ってないで、一人だけでも変われよ。

十年ものの自転車をパーツ交換して、まだまだ使うぞ!とやってる最中にこのお話。
「買い換えないの?」とも言われたが、直す策を選んだところに、このお話。

古くなって不便になってしまった物。もちろん買い換える必要のあるものもあるし、処分することも大事。捨てるべきものと、直して使うべきものの線引きを上手くできるようになればいいのだ。

でも、それが案外難しくて、間違ったり上手くできない人が大半なんだよね。

「逃げるは恥だが役に立つ」の第6話レポ。




ひらまさ、みくりに優しくされて好きになってしまいそうで、一人一部屋ずつ持てるようにと部屋数の多いところへの引越しを考える。
好きになっちゃえばいいのに(笑)
この男、独身のプロとか言ってます、面白いキャラですね。

そんな中、またも同じメンバーで苺狩りに行くことになる。
車を持っていないメンツに、車持ちの百合ちゃんが借り出される。外車ですかい?
桜のトンネル抜けて、一座、苺のビニールハウスへ。

若いイケメンに敵対心ちらつかせる百合ちゃんに対して、風見くんは興味持ってるみたいですね~

個性的なメンバーがドタバタしてて。
それでも、なんか、まったりしてて、よい雰囲気です、はい。

はやく単行本出ないかな~



今月の名言。
「あなたが思ってる もうちょっと先まで行けるのよ」by百合ちゃん

今月のくまえもん。
・みくりのブラウスの柄
・熊江(くまえ)製麺


アナライズ

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30