忍者ブログ
HOME   »   雑記  »  共有時間
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2015 .03.01
いつも、聞こうと思ってたことを聞き逃してる。
いや、聞く必要ないなって感じるから、わざわざ聞かない。

今日はデート。ほぼ一日一緒にぶらぶらしてた。
九ヶ月くらいなのかな、この関係。
一度も衝突したことがない、ケンカしたことがない、ムカっときたことが無い。だから、いつかケンカになったときが想像つかなくて恐い。
「キミは、怒ったり、キレたりすることあるの?」って聞いてみたい気もするが、やっぱ、必要ないかなって思う。
喜怒哀楽は激しいような気がするが、攻撃的ではない。それだけなのかもしれない。
喜怒哀楽がハッキリ見えるから、対処しやすいだけなのかもしれない。


「私のこと好き?どこが好き?」って聞いたことが無い。
聞いてみたいけど、聞くまでも無く愛されてるし好かれてる。

そこで思うのだが、上記の質問をしちゃう女って、2パターンなんだろうなって思う。
一つは、好かれてる実感が感じられないから不安になって聞く人。
もう一つは「なんで気がつかないんだ!」っていう鈍感な人。


そもそも、「好き」ってなんだ?

不安定で不確定要素で、わかりにくいものでもある。
自分が相手を本当に好きなのか?とか、相手は自分を好きなのか?とか。
だから、恋愛って大変だし難しいんだろうねぇ。

結論、うちらのラブは、
異常なほどに愛情が、視覚化され、物体化され、言語化され、非常にわかりやすい。
そこに「愛情がある」ことが明確だから、難しくない。単純明快。

ということは、例えば「愛情がなくなった」ときには、それなりに分かるのではないかと。

二人とも、牡牛座的恋愛方法なのが楽な理由なのかもね。

その愛情がいつ消えてしまうのか、いつなくなってしまうのか分からないから不安になるんだろう。もし、それさえも分かりやすく分かったなら、受け入れやすいんじゃないかなって思う。

一生消えない証明なんてないから、消えてしまうかもしれないけれど。
そのときは、そのときさ(苦笑)


大恋愛期。その通りを体感中だ。
上手く行き過ぎているから、数多の恋愛相談の参考になるような助言は出ない。


最初の頃は、超草食男子で、リアルヒラマサだなって思ってたダーリンですが。今は迷走してない。ド直球で快走中ですな。


将来のことはわからない。
けど、今日は、たくさん愛情もろた。それでいいではないか。
PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
アナライズ

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31